SBI-9674(抗pDC抗体)

(抗体医薬)

適応疾患(どんな病気を治療するか)

SBI-9674は自己免疫疾患を対象として開発中の抗体医薬で、特に全身性エリテマトーデス(SLE)を対象として開発を目指しています。SLE患者では、免疫の異常により全身に炎症が生じ、関節、皮膚、内臓などのさまざまな臓器の異常が一度に、あるいは次々に起こってきます。日本では難病指定を受けている疾患です。

作用機序(どのように働くか)

抗SBI9674抗体は、pDCに特異的に発現するSBI9674タンパク質(非開示)に対する抗体で、pDC上に発現するSBI9674タンパク質と結合することでpDCからの過剰なインターフェロン(IFNα)の産生を抑制させることができます。この抗体は、pDCを殺さずに効能を発揮できる特徴を有しており、様々な人に対して適用できる可能性があります。

開発状況

平成29年1月10日

協和発酵キリン株式会社との「SBI-9674」に関する独占的ライセンス契約締結のお知らせ

印刷用(PDF/137KB)

ページの先頭へ