ILT7(MEDI7734/抗ILT7抗体)

(抗体医薬)

適応疾患(どんな病気を治療するか)

抗ILT7抗体(MEDI7734)は、SLEやシェーグレン症候群などの自己免疫疾患の治療を目指して開発中の抗体医薬です。現在は米国メディミューン社にて臨床試験中です。

作用機序(どのように働くか)

抗ILT7抗体(MEDI7734)は樹状細胞のサブセットであるpDC(形質細胞様樹状細胞、Plasmacytoid Dendritic Cell)に結合する抗体です。pDCはインターフェロン(IFNα)産生の主役となる細胞として知られており、一部の自己免疫疾患においてIFNαの過剰産生が病態の原因であると考えられております。抗ILT7抗体(MEDI7734)は、pDCのみを認識し、pDCを殺傷することでIFNαの産生を止め、自己免疫疾患の症状を改善します。

開発状況

平成28年10月21日

SBIバイオテックが導出した抗ILT7抗体(MEDI7734)の第Ⅰ相臨床試験における開発マイルストーン達成のお知らせ

印刷用(PDF/132KB)

平成28年4月19日

SBIバイオテックが導出した抗ILT7抗体による第Ⅰ相臨床試験開始のお知らせ(PDF/99KB)

平成20年9月12日

米国のバイオ企業MedImmune社との抗ILT7抗体に関するライセンス・コラボレーション契約締結について

ページの先頭へ