ビジネスモデル

当社のビジネスモデルは、開発パイプライン(医療用医薬品候補化合物、新薬候補)を大手製薬企業にライセンス許諾を行うことにより、収入を獲得するモデルとなっております。

当社のビジネスモデル

製薬業界各社は新薬パイプラインの枯渇と新薬開発に伴う費用の上昇という困難を乗り越えるために、創薬バイオベンチャーの持つ新技術と開発プログラムの導入によるパイプラインの拡充を進めております。
当社は、パイプラインを大手製薬企業にライセンス許諾することにより、契約一時金(ライセンスフィー)収入、開発進捗に応じたマイルストーン収入、上市(販売)後のロイヤルティ収入を獲得するモデルとなっています。

当社の開発フィールド

医薬品開発は医薬品候補物質の探索段階からリード化合物の決定、前臨床試験臨床試験、と段階を踏んで進められ、この開発は長期に渡ります。

当社は、その中でも創薬研究初期の段階から、前臨床試験段階までを自社の研究開発の主眼においています。これにより、自社での研究開発費を抑制するとともに、早期段階から大手製薬企業と組むことにより、開発候補物質の最適化や臨床試験デザインなど大手企業が得意とする分野を導出先企業が行えるようになります。

当社の抗ILT7抗体プログラムは樹状細胞に作用して免疫を制御する治療薬(免疫調節薬)であり、標的とする分子も薬理メカニズムも新規のものです。開発のかなり早期段階にも関わらず、この樹状細胞を標的とした抗ILT7抗体の優位性が認められ、当社はアストラゼネカグループの米国MedImmune社に本プログラムをライセンスアウトすることに成功しております。現在はMedImmune社にて臨床試験が進められ、今後も各種開発段階ごとにマイルストーン収入を得る予定です。

その他のプログラムについても、その新規性や独自性をもって開発早期段階での提携に向けて着実に進んでおります。当社は医薬品開発の早期段階での導出が可能な組織体制と開発プログラムを保持することで、リスク低減を図りながら収益を得るように事業戦略を立てております。医薬品の開発過程と、当社のシーズの流れ

ページの先頭へ

ページの先頭へ